「FXおやぶん」の理念

海外FXブローカーに関する情報が氾濫している昨今、ここに新たに情報サイトを立ち上げる意義はどこにあるでしょうか。
それは、日本人ブロガーによるのではなく、海外のプロフェッショナル集団による、確かな調査と情報に基づいた信頼に足る情報です。
また、各ブローカーの強みとともに弱みも躊躇なく記述する書き手の倫理観も重要です。

したがって「FXおやぶん」は、初心者トレーダーの方でも長く安心して使い続けていただける優れたブローカーを考え抜きました。
また、中上級者トレーダーの方にもブローカー選びの一助となるべく、情報の収集と整理も徹底しています。

FXおやぶんがお客様に推薦する鉄板ブローカー

確固とした運営実績があり、かつお客様にとって有意味な取引環境を提供しているブローカーをご紹介します。
各ブローカーの得意分野や苦手分野を表にまとめました。
詳細を知りたいブローカー名をクリックすれば、各ブローカーのレビューも閲覧できます。

FXおやぶん推奨の海外FXの鉄板3ブローカー

確かな法規制と運営実績に裏付けされた「信頼性」を有するブローカーから、初心者のお客様にも推奨できる3社をピックアップしました。
選択に当たっては次の要素も重視しています。

  1. 取引条件に不透明なところがなくフェアな環境を提供していること。
  2. ハイレバレッジやゼロカット制度、NDD方式など海外FXとしての強みがはっきりしていること。
  3. ウェブページの日本語化が十分に行われており、かつ日本人顧客向けサポートも充実していること。

最大レバレッジ順トップ3ブローカー

海外FXブローカーの中でも最大レバレッジに力を入れているトップ3をご紹介します。
いずれのブローカーも取引の結果口座残高がマイナスになっても、追証(ロスカット未収金)を請求せず、口座残高を0にリセットする「ゼロカット制度」を採用しています。

海外FXブローカーと国内FXブローカーとの違いの中で、もっとも重要なのが「レバレッジ」です。
レバレッジは、顧客の預け入れた証拠金額の何倍の取引を行えるかどうかを左右します。
例えば、国内FXブローカーは最大25倍のレバレッジを提供しています。

しかし、実は外国為替市場は株式市場などと比較して値動きの幅が小さく、例えばUSD/JPY(米ドル円)の場合には一日1円未満の値動きになることも少なくありません。
このような場合には、最大レバレッジ25倍では1日ずっと取引を行っても、数千円の利益しか得られないこともあります。

一方で、海外FXブローカーは日本の金融庁にあえて登録せず、海外のライセンスを取得することで200倍や400倍、あるいは888倍などのハイレバレッジを提供することが可能になっています。

Rank 1位
XM
  • ボーナス制度
  • 取引コスト
  • 入出金
  • 日本語サポート
  • 教育プログラム
  • 信頼性・ライセンス
Rank 2位
FBS
  • ボーナス制度
  • 取引コスト
  • 入出金
  • 日本語サポート
  • 教育プログラム
  • 信頼性・ライセンス
Rank 3位
HotForex
  • ボーナス制度
  • 取引コスト
  • 入出金
  • 日本語サポート
  • 教育プログラム
  • 信頼性・ライセンス

関連する記事

MT4で日本時間を表示する方法

一部の国内FXブローカーや、海外FXブローカーで主流なMT4(メタトレーダー4)はデフォルトでは日本時間に対応していないことがほとんどです。日本人トレーダーにとっては、日本時間に修正したほうがトレードはやりやすいと思われます。

続きを読む

消費税増税前に知っておきたいこと~ドル円レートとの関係~

3回目の消費税増税が2か月後に差し迫っている中、過去全てのドル円の値動きにアノマリーとも言える動きが存在します。

続きを読む

FX取引におけるブック方式の違い~DD方式とNDD方式~

外国為替証拠金取引業者のスプレッドというのは近年機関投資家が利用するよりも狭いスプレッドで取引が可能となっています。

続きを読む