外国為替証拠金取引を行うということは、海外の通貨に対して投資するということは当然ですが、通貨ごとにそれぞれ特徴があります。

また私たちが利用している日本円については他国の通貨の動きとは大きく異なる側面があります。

ではどのような違いがあるのか、そしてなぜそのような動きが出ているのかについてまとめてみたいと思います。

日本円とその他通貨の動きの違い

最初に両者の相違点を挙げてみたいと思います。

例として米国の米ドルを比較対象として説明します。

例えば米国の株のインデックスであるNYダウが急落した場合米ドルは株につられて下落するということは想像しやすいでしょう。

これはNYダウが直接為替に影響しているわけではなく、NYダウの急落に併せて米債金利が低下します。

その金利の動きが米ドルに波及していると考えるべきでしょう。

しかし通常は株の下落は自国通貨の下落に繋がるというのが通常の流れと言えます。

では日本の場合をご説明します。

日本の日経平均株価が急落すると為替市場では円が売られるのではなく買われる動きになります。

他国とは全く違う特徴を持っているのがこの日本円と言えるでしょう。

ではなぜこのような動きになるのかを次で説明したいと思います。

日本株が円高となる原因は

日本株の下落は円高要因となっており、結果的に自国通貨上昇していることになります。

なぜこのような動きになるのかをご説明したいと思います。

この原因の大きな要因は日本の産業構造になります。

日本の高度成長期には輸出企業が国の成長を支えてきました。

日本の産業は輸出産業の企業が多く、この企業構造が為替市場にも影響を与えていると言えます。

輸出企業は他国の売り上げは外貨で受け取ることになるため、円安方向に為替が進んだ場合は、外貨から円に転換する際に多くの円がもらえることになります。

そのため円安となると企業決算がよくなるとの思惑から株高となるということになり、一方で円高に行くと株安になるという状態が日本の動き方となっています。

株安=円高と常に考えていいのか

次に現在の株安と円高の関係性について考えてみたいと思います。

リーマンショック前はドル円が120円以上で推移しており、企業も急激な円高に進むと思っていなかったことからリーマンショック後円高が止まらないときに企業の海外の売り上げ構造自体を見直す動きが出始めました。

そのためリーマンショックを教訓に円高に対しての耐性を日本の輸出企業は持っており、リーマンショック以前と比較して、円高が企業業績に与えるインパクトは軽減されています。

そのため最近では日本株が下落したとしても円高圧力がそこまで大きくならずドル円と日本株の相関係数はリーマンショック前と比較して大きく低下しました。

短絡的に円高=株安ではない

上記でまとめた通り、現在の日本株と為替の関係は大きく相関性が低下しています。

そのため昔から外国為替証拠金取引を行なっている投資家からすると違和感を感じている人も多いようです。

当然ながら円キャリートレードを行なっている投資家も多いため、リスクオフの場合の円の巻き戻しというのは往往にして起きます。

そのため日本株だけではない要因が発生するとその点は考えてトレードしていかないといけませんね。

また日本株を取引している投資家は、日本株を売らずにそのリスクをドル円でヘッジしている投資家もいます。

これは日本株の下落=円高を利用しているわけですが、最近ではこのヘッジ手法も少しずつ使われなくなっているようです。

これも相関係数が低下しているのが要因でしょう。

トレードするときは何が要因で日本株が下落しているのかというファクターを探り、ポイントを捉えることで円高が進むか、そこまで

進まずに底堅く推移するか判断がつくということになります。