トレードビューレビュー

トレードビュー(Tradeview LTD)は、ケイマン諸島のライセンスを有するブローカーです。設立は2004年であり、海外FXブローカーとしては古参の部類に入ります。 スプレッドや取引手数料、約定力といったトレード環境は最も優れた部類に入る一方で、ビギナーへのサポートはさほど充実していないことから、現在のところトレードビューを紹介する日本語ページは多くありません。 一方で、中上級者のトレーダーにとっては最大手のXMと比較しても、メイン口座とするべき理由を有するブローカーです。

ウェブサイトを訪問

長所
  • USDJPYやEURUSDでは最小0.0pipのスプレッド
  • 最大レバレッジ200倍(設定で変更可能)でハイレバ短期取引
  • MT4/5、cTrader、Currenexに対応
  • 信頼性の高いケイマン諸島のライセンスと04年よりの運営実績
  • ECNテクノロジー採用の結果、極めて高い約定力を実現
  • 教育プログラム(情報サイト)を独自運営、情報収集にも有用
短所
  • ECN口座では取引手数料が往復0.5pips相当かかる
  • ロスカットレベルが証拠金維持率100%とかなり高め
  • 取引プラットフォームにより取引条件が異なるため要注意
  • 日本語サポートはメールのみと必要最小限でビギナー向けではない
  • 初回入金額が10万円からとビギナーにはハードルが高い
  • 基本的に教育プログラムは英語がわからないと利用できない
ブローカーの特性
  • ボーナス制度
  • 取引コスト
  • 入出金
  • 日本語サポート
  • 教育プログラム
  • 信頼性・ライセンス

ボーナス制度

トレードビューは「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」などのプロモーションを行っていません。また、今後行うこともおそらく期待できません。

それは、トレードビューはTitanFXのように、取引環境の充実に力を入れているタイプのブローカーだからです。

取引条件

トレードビューは複数の取引プラットフォームを提供しており、取引条件はそれぞれ異なることがあります。

この項目では、最もトレードビューのメリットを最大化できると思われる、cTraderの取引条件を中心に解説します。

スプレッド・手数料

主要通貨のスプレッドは、公式ウェブサイトのトップページにて公表されています。

このスプレッドは、ECN口座の数値であり、実際には取引手数料も差し引かれます。

※スタンダード口座(STP方式)は、手数料無料ですがそれ以上にスプレッドが広いので、あまり利用するメリットがないと思われるため省略しています。

手数料については、「よくあるご質問」の箇所に記載(英文)があります。

USDJPYスプレッド 0.4pips
EURUSDスプレッド 0.3pips
取引手数料 1Lot往復5USD(片道2.5USD)
手数料込みのUSDJPY実質スプレッド 0.9pips
手数料込みのEURUSD実質スプレッド 0.8pips

※スプレッドは変動します。特に早朝のNYクローズ後や、経済指標発表前後においてはマーケットの流動性が低下することから、スプレッドが急に拡大することがあります。

※1Lotとは、10万通貨の取引を意味します。つまり、1万通貨の取引では取引手数料は0往復.5USDとなります。

和訳:

御社は1トレード当たり、どれだけの手数料を徴収しますか?

当社は、1ロットの反対売買取引あたり5ドルを徴収します。

レバレッジ・ロスカットレベル・ゼロカット(追証)制度

レバレッジ・ロスカットレベル・ゼロカット(追証)制度については、以下のとおりです。

特に注意が必要なのは、ロスカットレベルが証拠金維持率100%と、(証拠金維持率20%程度が一般的な)海外FXブローカーの中ではかなり高めであることです。

つまり、フルレバレッジでポジションをとった場合にはスプレッド分のマイナスで即時にロスカットが執行されるので要注意です。

レバレッジ 最大400倍 ※初期設定は200倍 ※スタンダード口座は500倍 ※MT5口座は100倍
ロスカットレベル 証拠金維持率100%
ゼロカット制度 ゼロカット制度採用 (追証なし)

トレードビューのゼロカット(追証)制度について

トレードビューは海外FXブローカーの慣例にならい、ゼロカット(追証なし)制度を採用しています。

しかし、このゼロカット制度が最大限効果を発揮するのは、ロスカットレベルが低いブローカーで大きなレバレッジを利用して大きなポジションを保有しているときです。

一方で、トレードビューは証拠金維持率100%でロスカットが執行されるため、口座残高がマイナスになることは、さほどないと思われます。

それでも、万が一の場合のリスクが預託証拠金に限られるのは、国内FXブローカーにない安心要素だといえます。

和訳:

リスクマネジメント

トレードビューは、当社のプラットフォームを通じて、自動化されたリスク管理システムを提供し、当社の顧客の口座残高が決してマイナスになることはないことを保証しています。この措置は、特に変動の激しい市場において、取引とレバレッジによって生じるリスクから顧客を保護するために設けられています。 当社のテクノロジーはすべての口座の残高、ポジション、損益及び証拠金維持率をリアルタイムで監視しています。バックオフィスシステムのリアルタイム証拠金監視機能により、トレードポジションの損失が拡大し、最小の証拠金閾値に到達した結果として、顧客

の口座残高がマイナスになるリスクを防ぐために、自動的に有効なポジションを決済します。

取引プラットフォーム

執筆時点(2019年9月)で提供されているプラットフォームは、以下のとおりです。

また、Currenexを除くプラットフォームでは、スマホ・タブレット版が提供されています。

メタトレーダー4 海外FXブローカーのほとんどで採用されているもっとも有名な取引プラットフォーム。 開発元はMetaQuotes。

メタトレーダー5 メタトレーダー4の後継として開発されたプラットフォーム。 開発元はMetaQuotes。

cTrader メタトレーダーの代替として注目されているプラットフォーム 開発元はSpotware Systems。

Currenex 海外FXブローカーで採用例が増えている、機関投資家または金融機関向けのプラットフォーム。 開発元はCurrenex。

和訳:

御社はどのようなプラットフォームを提供していますか?

当社は世界的に有名なプラットフォームを何種類か提供しています。具体的には、メタトレーダー4/5、cTrader、Currenex(FX専用)です。当社はまた株式取引においてMT5とSterling Traderを提供しています。

和訳:

御社はモバイルトレードを提供していますか?

はい、当社はMT4/5、cTrader及びSterling Traderプラットフォームを使用した取引においてモバイルトレードシステムを提供しています。

顧客サービス

トレードビューは、多言語に対応しています。

日本語もサポートしており、ウェブサイトがほかの言語である場合には右上の言語タブから「現代語」を選択してください。日本語表記に切り替わります。

また、顧客サポートはフォームからの問い合わせのみとなっており、日本人顧客向けのサポートは最小限となっています。

執筆時点において、電話サポート(コールバック含む)やチャットサポートなどは行われていません。

教育プログラム

トレーダーにとって役立つ記事が定期的に投稿される教育プログラムが提供されています。

和訳:

御社は教育サービスを提供していますか?

はい、当社は顧客に対して教育を提供するための専用ウェブサイトを有しており、また定期的にFX市場に関する新しい記事を投稿して更新しています。Rhino Report

Rhino Reportというのは、トレードビューが提供する顧客向け教育プログラムウェブサイトです。

但し、ウェブサイトは英文となっており日本語での教育プログラムはサポートされていないようです。

口座開設方法

トレードビューは、個人向け口座と法人向け口座の2種類を提供しています。

以下では、個人向け口座の開設方法に絞っています。

公式ウェブサイトなどから「新規口座開設」を選択します。

「個人口座申請」「法人口座申請」の選択画面になります。

「個人口座申請」を選択してください。

個人口座申請の画面では、様々な情報を入力します。

最初に「取引プラットフォーム」と「取引口座の通貨」を選択します。

それぞれの口座の概要は、以下のとおりです。

メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector メタトレーダー4を使用。 手数料無料の代わりにスプレッドが広い。
メタトレーダー4 X Leverage(スタンダード口座) メタトレーダー4を使用。 手数料は往復5ドルで、最大レバレッジ500倍。
メタトレーダー5 メタトレーダー5を使用。 手数料は往復5ドルで、最大レバレッジ100倍。
Cトレーダー cTraderを使用。 手数料は往復5ドルで、最大レバレッジ400倍。 初期設定レバレッジは200倍。
バイキング Currenexを使用。
Tradeview株式(ドル口座のみ) 株式取引専用口座。

また、取引口座の通貨は以下から選択できます。

米ドル ユーロ 日本円
AUD(豪ドル) CAD(加ドル) CHF(スイスフラン)
GBP(英ポンド) MXN(メキシコペソ) ZAR(南アフリカランド)

「ご登録情報」の入力は、英米式で行います。

日本式との重要な違いは、すべてローマ字で入力する必要があることです。

入力にあたって、注意が必要な項目は以下のとおりです。

パスポート番号 パスポートの有効期限 本人確認書類の箇所でパスポートを使用する場合には、パスポート番号をそのまま入力します。 その他の本人確認書類(運転免許証など)を使用する場合には、その番号を代わりに入力します。
居住地に関する情報 国、都道府県は選択式になっています。 市区町村は、ローマ字で入力します。 2か所ある「住所」の箇所のうち、最初の欄は市区町村名より後の情報(建物名、部屋番号除く)を入力します。 2か所ある「住所」の箇所のうち、後の箇所は必要な場合のみ入力します。この箇所には建物名や部屋番号を入力します。 郵便番号はハイフンなしで入力します。
電話番号 電話番号は、冒頭に国番号を付けて入力します。 例えば日本の電話であれば、+81を最初につけ、その代わり最初の0を省略して2桁目から入力します。 電話番号は、固定でも携帯でもよく、ハイフンは省略します。

住所入力、電話番号入力で困ったら

トレードビューに限らず、住所や電話番号入力で困った場合には、サポートに問い合わせることができるほか、無料で住所を英米式に変換してくれるサービスや、電話番号に国番号を付けてくれるサービスを利用できます。 例えば「住所 英語 変換」「電話番号 国際 変換」と入力するとよいです。

「米国市民権に関する情報」及び「ご職業に関する情報」を入力(選択)します。

「米国市民権や永住権はありません」を選択した場合には、特に追加書類の提出の必要はありません。

また「ご職業に関する情報」は、申請時点の最新の情報を入力します。

「総資産」や「収入源に関する情報」を入力(選択)します。

こちらも、最新の情報を正確に入力してください。

「投資のご経験(複数回答可)」を入力(選択)します。

投資経験が一切ない場合には、追加リスク開示書を提出する必要があります。

「その他の情報」を入力(選択)します。

こちらはドル換算ですので、日本円を換算しなおしてください。

必要書類(スキャンした画像)のアップロードは、「公的身分証明書」及び「現住所確認書類」の2種類必要です。

有効期限があるものについては有効期限内のもの、それ以外のものは発行から3か月以内のものである必要があります。

また、白黒画像は承認されず、鮮明なカラー画像である必要があります。

提出可能な主な書類はそれぞれ以下のとおりです。

公的身分証明書 パスポート(推奨) 運転免許証 身分証明書(写真付き) マイナンバーカード(写真付き)
現住所確認書類 公共料金等の請求書(携帯電話以外) 3か月以内に発行された住民票 銀行取引明細 健康保険証

「Read the Legal Information」の項目では、法的文書を閲覧・確認します。

いずれも内容は英文となっています。

最後の項目では署名と、確認事項への同意です。

署名はマウスなどで直接行います。

また、左下の確認のチェック欄は、自身が入力した情報や法的文書の内容をすべて確認、同意できた後にチェックを入れてください。

和訳:

私は偽証罪の罰則のもとで以下の事項を確認します。

私は顧客契約を含む私の口座を開設するために必要なすべての文書を読み、理解し、トレードビュー担当者と話し合う機会を得ました。

電子取引契約;リスク開示声明;プライバシーポリシー通知及び電磁的方法による書面の配信に対する同意。

さらに私は、偽証罪の罰則のもとで、口座開設に関連して提供されたすべての情報(仮想通貨の両替による法定通貨をも含むあらゆる手段及びあらゆる入金元から口座に入金される資金源を含む)は、合法的な情報源からのものであり、犯罪の収益ではないことを確認します。

すべての項目の入力が完了したら「送信する」をクリックしてください。

その後口座開設の審査が行われ、通常1営業日以内に口座開設が完了します。

通知メールには取引プラットフォームのログインIDとパスワードが記載されています。

それらの情報をもとにログインしてください。

入金方法

トレードビューの入金方法は、出金方法と関連しています。

基本的に入金方法と同じ経路でしか、出金手続きはできません。

例えば、bitwallet経由で入金した場合には、bitwalletを通じて出金することになります。

また、入金額には最低額が設定されています。

和訳:

最低入金額はいくらですか?

iLC口座(メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector口座)は最低1,000ドルであり、X Leverage口座は100ドルです。

トレードビューの主な入金方法は、以下のとおりです。

銀行送金(海外銀行送金) トレードビューが口座を有する、サンタンデールUK(Santander UK)宛てに送金します。国内からであれば、海外銀行送金になり、多くの手数料がかかります。
ビットウォレット bitwallet オンラインウォレットである、bitwalletを経由して入金します。bitwalletへの入金は、国内銀行送金のほか、各種ブランドのクレジット/デビットカードが利用可能です。
スティックペイ STICPAY オンラインウォレットであるSTICPAYを経由して入金します。
ビットペイ BitPay ビットコインウォレットサービスであるBitpayを利用して、指定アドレス宛にビットコインを送金して入金します。

出金方法

出金方法は、入金方法と同一経路である必要があります。

トレードビューの出金方法は、以下のとおりです。

銀行送金(海外銀行送金) 日本国内の銀行に送金する場合には、海外銀行送金となります。 海外銀行送金では、様々な手数料が差し引かれます。
ビットウォレット bitwallet オンラインウォレットであるbitwallet経由で出金します。bitwalletから国内の銀行に出金する場合には、少額の手数料がかかります。
スティックペイ STICPAY オンラインウォレットであるSTICPAYを経由して出金します。
ビットペイ BitPay ビットコインウォレットサービスであるBitpayを利用して、各自のビットコインアドレスに出金します。

出金フォームの記入について

トレードビューの出金フォームでは、出金に必要な情報のほか「出金理由」や「Tradeview口座を解約しますか?」などを記入します。

「出金理由」については、英語で入力する必要がありますが内容は「利益の出金(withdraw of profit)」などの簡潔なもので構いません。 また「Tradeview口座を解約しますか?」については、解約を希望しない場合には「いいえ」を選択します。

利益分の出金について

出金方法によっては、出金可能額は入金分までであり、利益分の出金ができないことがあります。その場合には、bitwalletや海外銀行送金を利用することになります。

評判の検証

トレードビューが自らアピールしているポイントや評判として流布している点につき、事実に即しているかということを検証します。

スプレッドについて

トレードビューはボーナスなどのプロモーションを行わない代わりに、狭いスプレッドをはじめとした取引環境に力を入れているとアピールしています。

したがって、実際に海外FXブローカーでスプレッドの狭さに定評のあるTitanFXや、海外FXブローカー最大手のXMのスプレッドと比較してみます。

トレードビューにはECN口座のほかに、STP口座(スタンダード口座)もありますが、こちらはスプレッドが狭くないことは明らかなので、以下3ブローカーともECN口座で比較しています。

  トレードビュー TitanFX XM
USDJPYスプレッド 0.4pips (実質0.9pips) 0.2pips (実質0.9pips) 0.1pips (実質1.1pips)
EURUSDスプレッド 0.3pips (実質0.8pips) 0.2pips (実質0.9pips) 0.2pips (実質1.2pips)
取引手数料(往復) 5ドル 7ドル 10ドル

※いずれも執筆時点(2019年9月)の情報に基づきます。

以上の比較から、トレードビューのスプレッドや取引手数料を含めた取引コストが海外FXブローカーの中でも、最高水準だということがわかります。

約定力について

トップページにて「ECN方式による透明性と卓越した約定力」をアピールしています。

この点については、他のECNをアピールしているブローカーと比較してもアドバンテージがあります。

それは、cTraderを採用していることです。

cTraderでは、リアルタイムで板情報を閲覧することができ、そのブローカーがECNを本当に採用していることの証拠となるからです。

ライセンス・信頼性について

トレードビューのライセンスは、ケイマン諸島のライセンスとなります。

和訳:

Tradeview LTDはケイマン諸島金融当局(CIMA)ライセンス#585163の規制のもとにある、欠缺なく登録されたブローカー/ディーラーです。

ケイマン諸島のライセンスは、XMの保有するセーシェル諸島のライセンスよりも審査が厳格であるといわれています。

また、トレードビューは2004年に設立されました。

この運営実績は、iForexの1996年よりは短いですが、XMの2009年よりも長いです。

透明性の高いECN取引環境を長年にわたって提供していることに加え、入出金に関するトラブルは確認できないことから、海外FXブローカーの中でも屈指の信頼性があるといえます。

資金管理について

トレードビューの資金管理は、サンタンデール銀行(スペインに本店があるヨーロッパのメガバンク)における分別管理となっています。

また、顧客1人につき35,000ドルまでの信託保全が行われています。

和訳:

私の資産は安全かつ分離されていますか。

はい、すべての資産は分離された銀行口座に保管され、当社の資金とは完全に分離されており、混同されておりません。

和訳;

民事責任の免責事項、取締役及び役員の責任

各請求につき35,000USD。

個人に関してはないが、会社の償還請求に関しては各10,000米ドル。

※この文書は、公式ウェブサイト(英文)より入手できます。

参照:https://www.tradeviewforex.com/about/why

総括

結論から言って、トレードビューはXMやTitanFXなどと同列に語られてもよい、もっともすぐれたブローカーの一つです。

しかし、徹底した日本語サポートなどはあまり期待できないため、ビギナーのトレーダーにとっては、XMやTitanFXあるいは国内のブローカーで慣れてからのほうが良いかもしれません。

また、数あるブローカーの中でもcTraderのECN取引環境は優れており、特に短期のスキャルピングトレードや、中期のデイトレードを行う場合には、メインのブローカーとしてもよいスペックを有しています。

関連する記事

不意な強制決済をなるべく避ける方法

特にレバレッジをかけて取引していると、ストップロスを設定していなくてもブローカーの設定しているロスカットレベルまで証拠金維持率が低下すると、ポジションは強制決済されてしまいます。

続きを読む

ボーナスの種類と注意点

定期的、または不定期に取引ボーナスが配布されることがあります。

取引ボーナスは非常に便利である一方で、同時に注意すべき点もいくつかあります。

トレーダーとして、ボーナスはあったほうが利益は出しやすいのですが、とりわけ出金関係で問題にならないように、ブローカーはしっかり選ぶ必要があります。

続きを読む

長く付き合えるブローカーの探し方

ブローカーの公式ウェブサイトには、様々な美辞麗句が並んでいることが常です。

しかし、それらは鵜呑みにしてしまってはならず、むしろ具体性のないうたい文句はそのブローカーの信頼性を損なうものと考えておいたほうがよいでしょう。

続きを読む

近くて遠い指数取引の世界

ドル円やユーロドルを取引している人にとって、ポンド円や豪ドル円がややハードルが高いと感じるように、FX取引をしている人からすれば指数取引は「やや遠い存在」といえるでしょう。

続きを読む