XMの口座開設

XMは日本人顧客のサポートにも力を入れています。
口座開設プロセスは日本語化されています。
しかし、国内FXブローカーの口座開設と比較して、わかりにくい点や注意が必要な点もあります。

口座開設にあたっての注意事項

国内FXブローカーにはない用語ですが、海外FXブローカーの間では常識になっているものがあります。

IB・キャッシュバックについて

IBは、自身のウェブサイト経由で口座開設をしたトレーダーの取引実績に応じて、XMから報酬を受け取る一方で、トレーダーに対してもキャッシュバックを提供します。

トレーダーにとっては、取引ごとにキャッシュバックを受け取ることができるため、実質的な取引コスト(スプレッド)を削減できます。

※超短期の取引はキャッシュバックの付与対象とはなりません。XMの場合には、5分以内に決済されたポジションについてはキャッシュバックが付与されません。

※IB経由で開設した口座は、ボーナス付与の対象外となります。

トレーダーがIBと提携するには、IBの提供するリンクを経由して口座開設をする必要があります。公式ウェブサイトから直接口座開設をしたり、キャッシュバックを提供していないアフィリエイターのウェブサイトのリンクから口座開設をしたりした場合には、口座を作り直す必要があります。

XMの口座タイプ

XMではリアル口座のほか、デモ口座も提供しています。

リアル口座は顧客1人当たり最大8つ、デモ口座はメールアドレス1つ当たり最大5つ開設することができます。

リアル口座

リアル口座とは、現金を使ってトレードする口座のことをいいます。

リアル口座は、次の3種類から選ぶことができます。

  スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
プラットフォーム MT4、MT5 MT4、MT5 MT4、MT5
注文執行方式 STP方式 STP方式 ECN方式
1Lot取引量 10万通貨 1,000通貨 10万通貨
取引手数料 なし なし 10USD/1Lot (往復)
USDJPYスプレッド 1.6pips 1.6pips 0.1pip (実質1.1pips)
EURUSDスプレッド 1.6pips 1.6pips 0.1pip (実質1.1pips)
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ロスカットレベル 証拠金維持率20% 証拠金維持率20% 証拠金維持率20%
ボーナス制度 口座開設ボーナス 入金ボーナス 口座開設ボーナス 入金ボーナス ボーナス対象外
XMP制度 ポイント付与対象 ポイント利用可能 ポイント付与対象 ポイント利用可能 ポイント付与対象 ポイント利用不可

※表記のスプレッドは、あくまでも目安であり常に変動しています。また、経済指標発表時やNYクローズ後の早朝時にはスプレッドが急拡大することがあります。

※Zero口座の実質スプレッドは、1Lot1USDあたり、0.1pipで計算しています。

※Zero口座の取引手数料徴収のタイミングは、プラットフォームによって異なります。MT4の場合には新規注文時に往復10USD分が差し引かれ、MT5の場合には新規注文時に片道5USD分が、決済注文時に片道5USD分がそれぞれ差し引かれます。

仮想通貨取引はMT5のみサポート

仮想通貨取引を行うには、MT5口座を開設する必要があります。

また、デフォルト設定では仮想通貨取引は非表示になっています。

仮想通貨銘柄を有効化するためには、上部メニューの表示「銘柄」からCryptocurrenciesの項目を選んで、銘柄名をダブルクリックします。

デモ口座

デモ口座の取引条件は、リアル口座と同様です。

但し、デモ口座の場合には仮想資金を使って取引します。

仮想資金額や通貨は、口座開設時に選択することができます。

例えば日本円(JPY)の場合には、1,000円から5,000,000円の範囲内で選べます。

リアル口座の開設方法

リアル口座の開設は2ステップです。

前半では必要事項を入力して口座を開設します。

後半では必要書類を提出して口座を有効化します。

前半(口座の開設手順)

まず、公式ウェブサイトの口座開設ページに移動します。

IBとの提携(キャッシュバック)を希望する場合には、IB提供のリンクから移動します。

リアル口座の登録は2ページに分けて行います。

最初のページでは、「個人情報」と「取引口座詳細」を入力します。

「個人情報」の入力項目は、以下のとおりです。

下のお名前(例)Taro 下の名前をローマ字で入力します。 例)山本太郎の場合→Taro
姓(例)Yamada 上の名前(苗字)をローマ字で入力します。 例)山本太郎の場合→Yamamoto
居住国 居住国を選択します。 例)日本の場合→Japan
希望言語 希望言語を選択します。 例)日本語でもサポートを希望→日本語
電話 電話番号を国番号付きで入力します。 固定電話番号でも、携帯電話番号でも可です。 例)080-1234-5678→+818012345678
Eメール Eメールアドレスを入力します。 XMからのメール(HTML形式)を受信できるアドレスである必要があります。

「取引口座詳細」の入力項目は、以下のとおりです。

取引プラットフォーム 取引プラットフォームをMT4またはMT5から選択します。
口座タイプ 口座タイプを「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」から選択します。

2ページ目では「個人情報」「住所詳細」「取引口座詳細」「投資家情報」「口座パスワード」「確認」を入力します。

「個人情報」の入力項目は、以下のとおりです。

下のお名前(全角カナ表記) 下の名前を全角カナで入力します。 例)山本太郎の場合→タロウ
姓(全角カナ表記) 上の名前(苗字)を全角カナで入力します。 例)山本太郎の場合→ヤマモト
生年月日 生年月日を「日」「月」「年」の順番で入力します。 例)1990年9月24日の場合→24、9、1990

「住所詳細」の入力項目は、以下のとおりです。

都道府県・市 現住所のうち「都道府県・市」をローマ字で入力します。 例)東京都の場合→Tokyo-to 例)京都府京都市の場合→Kyoto-fu Kyoto-shi
番地・部屋番号 現住所のうち「番地・部屋番号」をローマ字で入力します。 例)1丁目1番1号の場合→1-1-1
区町村・町名 現住所のうち「区町村・町名」をローマ字で入力します。 例)文京区本郷の場合→Bunkyo-ku Hongo
郵便番号 現住所のうち「郵便番号」を入力します。
※納税義務のある米国人ですか? 納税義務のある米国人の場合は「はい」を、そうでない場合には「いいえ」を選択します。

「取引口座詳細」の入力項目は、以下のとおりです。

口座の基本通貨 口座の基本通貨を主要通貨から選択します。 例)日本円の場合→JPY
レバレッジ 口座の最大レバレッジを選択します。 例)最大888倍の場合→1:888
口座ボーナス 口座ボーナスの有無を選択します。
例)口座ボーナスを希望する場合→「はい」

「投資家情報」の入力項目は、以下のとおりです。

投資額(USD) XMの口座に投資する予定額をUSD換算で入力します。 例)50万円(≒5,000USD)の場合→0 – 20,000 ※なお、20,000以上を選択すると最大レバレッジが200倍以下に設定されます。
取引の目的および性質 取引の目的および性質を選択します。
雇用形態 現在の雇用形態を選択します。
職種 現在の職種を選択します。
学歴 学歴を選択します。 例)大学卒の場合→学士 例)大学院修士課程卒の場合→修士
所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか? 所得総額をUSD換算で入力します。 例)300万円(≒30,000USD)の場合→50,000未満  
純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか? 純資産をUSD換算で入力します。 例)100万円(≒10,000USD)の場合→50,000未満

最後に、「口座パスワード(パスワードの確認)」、「確認」を入力します。

なお、必要書類は口座開設後メールの添付ファイルによっても送付されますが、各規約文書の内容は英文となっています。

最後に「リアル口座開設」を選択すると、入力したメールアドレス宛に「XMTradingへようこそ」という題名のメールが送付されます。

メール記載の「こちら」または「Eメールアドレスをご確認ください。」をクリックすると、メールアドレスの認証が完了します。

認証完了後、別のメールでログイン情報が送付されます。

この情報を使って、MT4やMT5、そしてマイページにログインすることができるようになります。

後半(口座の有効化手順)

口座を有効化することで、入金や取引が行えるようになります。

マイページにログイン後、「ようこそ(氏名)」の横にある▼をクリックし、「書類をアップロードする」を選択します。

マイページトップから移動したこの画面上で必要書類を2通アップロードします。

必要書類は鮮明なカラーコピーである必要があります。

提出が必要な2種類の書類は、以下のとおりです。

身分証明書(一例) ・パスポート ・運転免許証 ・マイナンバーカード ・障害者手帳 ※いずれも有効期限内であること
住所確認書(一例) ・公共料金の請求書・領収書(登録住所が確認できるもの) ・銀行の利用明細書(登録住所が確認できるもの) ・住民票 ・印鑑証明書 ※いずれも、発行から6か月以内である必要があります。 ・各種健康保険証(有効期限内であること)

マイナンバーの提出について

XMにはじめてログインした際には、「マイナンバーをお持ちですか?」という画面が表示され、マイナンバーの入力が求められます。

但し、「後で知らせる」を選択しても取引や入出金は行えます。

また、「後で知らせる」を選択して、後でマイナンバーを通知したい場合には「マイアカウント」から「追加情報を入力する」を選択してください。

「リテール顧客」とは?

本人確認書類の確認が完了するとXMからその旨のメールが送付されます。

そのメールに「リテール顧客」という記載があることがあります。 これは、XMの顧客区分であって「リテール顧客」は一般的な個人トレーダーが該当し、XMの取り扱い上最も保護が手厚い区分となっています。

デモ口座の開設方法

デモ口座の開設方法は、おおむねリアル口座と同様です。 但し、入力項目が簡略化されています。

デモ口座特有の入力項目は、「投資額」です。

デモ口座は仮想資金でトレードするため、口座に設定される仮想資金の通貨と金額を指定する必要があります。

例えば、日本円で10万円の初期資金を希望する場合には次のように設定します。

  • 口座の基本通貨→「JPY」
  • 投資額→「100,000」

また、ここで設定した初期資金以降はデモ口座に入金することはできません。

デモ口座の残高が取引結果により無くなった(少なくなった)場合には、追加のデモ口座を開設します。

よくあるご質問

XMの利用に関するよくあるご質問は、公式ウェブサイトの「よくあるご質問」の項目にまとめられています。

口座維持手数料の徴収、口座凍結について

口座維持手数料は休眠口座に対して課されます。 最後の取引行為(取引・入出金)から90日が経過すると、休眠口座とみなされます。 口座維持手数料は、毎月5ドルであり、自動的に口座から差し引かれます。 口座残高が5ドル未満の場合には、自動的に口座が凍結されます。 ※凍結口座の再開には、サポートに連絡する必要があります。

追加口座の開設方法について

XMでは、最大8つの口座を保有できます。 追加口座の開設にあたっては、必要書類を再提出する必要はありません。 なお、休眠口座の判定や口座維持手数料の徴収は口座ごとに行われます。

デモ口座の有効期限について

デモ口座は、取引をしないで90日間放置していると自動的に閉鎖されます。 取引を継続しているデモ口座の場合には、特に有効期限なく利用できます。

関連する記事

MT4で日本時間を表示する方法

一部の国内FXブローカーや、海外FXブローカーで主流なMT4(メタトレーダー4)はデフォルトでは日本時間に対応していないことがほとんどです。日本人トレーダーにとっては、日本時間に修正したほうがトレードはやりやすいと思われます。

続きを読む

消費税増税前に知っておきたいこと~ドル円レートとの関係~

3回目の消費税増税が2か月後に差し迫っている中、過去全てのドル円の値動きにアノマリーとも言える動きが存在します。

続きを読む

FX取引におけるブック方式の違い~DD方式とNDD方式~

外国為替証拠金取引業者のスプレッドというのは近年機関投資家が利用するよりも狭いスプレッドで取引が可能となっています。

続きを読む

最大レバレッジとロスカットレベルの関係

最大レバレッジは、保有できるポジションの大きさにも影響します。

続きを読む